ARCHITECTURE

Katada Tomoki

一級建築士事務所

株式会社micelle

福岡県知事登録第1-61388号

FRUCTUS GS

Interior design of bar using ginger syrup.

Due to budgetary, it was required to satisfy the function and appearance as a store with minimal operation, having a gratification as a product.

So I do not touch the interior, make a thick wall of aluminum with a curved surface like an air stream that is an camping trailer, and separate the kitchen and eating space, so that the wall becomes a counter.

In the space of the daily white wallpaper which is existing, we made use of the dull aluminum texture which reflects all and mixed in order to create extraordinaryity. Also, by interspersing and reflecting to the aluminum and amplifying yellow, which is the image color of the brand, we intended to control the line of sight to the store.

With this kind of the line of sight, we were able to create a strange sense of saudade that people flow in naturally like a gas station in a residential shopping street where there is moderate traffic of people.


ジンジャーシロップを使ったバーの内装設計。

予算の都合で最小限の操作で店舗としての機能と見栄え、造作のモノとしての満足感を満たすことが求められた。

そこで内装には手をかけず、エアーストリームのような曲面を持ったアルミの分厚い壁を作り、厨房と飲食スペースを分け、その壁がカウンターとなるようにした。

既存の日常的な白い壁紙の空間の中で、全てを混ぜ合わせて反射するような鈍いアルミの質感を利用して非日常性を生み出すようにした。また、店舗のイメージカラーである黄色を点在させることで、黄色がアルミに反射し、増幅する事で、店舗の中への視線の流れを生み出す事を意図した。

このような視線の流れによって、人の行き来が程よくある住宅街の商店街において、ガソリンスタンドのように自然と吸い込まれる、不思議な安心感を生み出すことができた。

FRUCTUS GS

bar