ARCHITECTURE

Katada Tomoki

一級建築士事務所

株式会社micelle

福岡県知事登録第1-61388号

Interior design of quirky ramen shop.

The owner called "Gyu-san" opened a ramen shop with a old good cafe interior in the side street of the port town, but it had to be decided to leave due to the aging of the building. In recent years, the number of properties with atmosphere like side streets has been decreasing, he decided to relocate with a faint expectation to the old wooden apartment where the atmosphere of the Showa era remains. So I proposed to relocate the kitchen used in the previous as it is and to make a store as if it had been open for a long time.

Also, it was supposed that a large amount of sundries and small items, posters etc. collected by the owner's hobby was placed, so how to control order and chaos by the interior finish, parts and details became a problem.

Therefore, I reduced and arranged the lines that are visible by demolishing, so that the existing finish of each room can be seen next to each other.By coexisted some kind of finish , instead of unifying the finish, three sacales, the scale of sundries and small items, posters etc. and the scale of the building, the scale of the furniture, become closer. And between those scales, I aimed for harmony and discordance like counterpoints to be born.

With this kind of control, the grid of the column beam, the patchwork of the wall / ceiling, the galvalume steel plate wall and the galvalume range hood that was relocated, the doors less showy than originally, with the relocated handles, the white counter with inner luster, the relocated air conditioner which is just width of the room, various people gathering at the store, clear and template glasses, posters and DMs, postcards, sundries and small items, all these building elements of large and small are integrated while keeping order and chaos, and a unique “Gyu finish" was created as if the owner's character turns into a space as it was.


風変わりなラーメン店の内装設計。

『ぎゅうさん』とよばれるオーナーは、港町の横丁で古い品のある喫茶店の居抜きでラーメン屋を営業していたが、建物の老朽化により退去することとなった。近年、横丁のような雰囲気のある物件は減っており、住宅街にある昭和の雰囲気が残る木賃アパートにかすかな期待を持って、移転を決めた。そこで前店舗で使用していたキッチンをそのまま移設し、ずっと昔から営業していたかのような店を作ることを提案した。

また、店主の趣味で集めた雑貨や小物、ポスター等が大量に置かれることが想定されたため、内装の仕上げ、パーツ、ディテールによって、どのように秩序と混沌をコントロールするかが問題となった。

そこで、解体によって見えてくる線を整理し、各部屋の既存の仕上げが隣り合って見えるようにした。仕上げを統一するのではなく、ある程度の種類の仕上げを共存させることによって、雑貨や小物、ポスター等のスケールと建築のスケール、大きなカウンターの家具のスケールが近づき、それらのスケールの間で対位法のような調和と不協和が生まれることを目指した。

このようなコントロールで、柱梁のグリッド、壁・天井のパッチワーク、移設したガルバリウムのレンジフードとガルバリウムの壁面、元々よりも地味な扉、移設した扉の引手、ツヤのある白のカウンター、部屋の幅にピッタリの移設したエアコン、その店に集う多種多様な人々、クリアガラスと型板ガラス、ポスターやDM、ハガキ、小物や雑貨まで、大小全てのビルディングエレメントが、一定の秩序と混沌を保って一体となり、オーナーのひととなりがそのまま空間として立ち上がったような、独自の「ぎゅう仕上げ」ができあがった。

つどい

restaurant